便秘妊婦のコロコロうんち! 原因と改善法は?


妊娠している時の便秘状態で多かったのがコロコロうんちでした。

毎日または2日に一回は出る時は必ずコロコロの固まったうんちが数個出て終わりなんです。

えっ、もう終わり?

たったこれだけ?

そう、まさに「うさぎの糞」なんですね。

こんなうんちでは当然、残便感はありますしスッキリ感なんて味わえるわけがありません。

コロコロうんちの原因は?

コロコロうんちは、水分不足とぜん動運動の衰えが大きな原因となります。

そもそもうんちコロコロということは、うんちに含まれる水分量がかなり減っているためなのです。

うんちは腸の中に長く留まれば留まるほど水分が奪われて固くなっていきます。

よって、まず水分をできるだけ摂るように心掛けてください。

しかし、残念ながら水分を多く補給するだけではうんちは柔らかくなりません。

うんちが腸に長く留まらないようにしないといけないのです。

そこで、うんちを排出する腸のぜん動運動が重要となってきます。

しかし、妊婦中は女性ホルモンのバランスが崩れてぜん動運動がスムーズに行われないことが多くなります。

妊娠すると、黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌が増えますが、これは赤ちゃんが成長するために子宮内の状態を整え、流産にならないように働いてくれます。

ただ、プロゲステロンが増えすぎてホルモンバランスが崩れてしまうと、自律神経への影響から腸のぜん動運動の働きを阻害してしまうのです。

また、ぜん動運動の動きに大きく影響を与えるのがストレスです。

妊婦さんは、普段の家事や生活だけでなく、お腹の赤ちゃんへの気遣いをすることによってストレスが溜まり易くなります。

ホルモンバランスが崩れることによって起こるイライラや憂鬱もストレスを促進させてしまいます。

ストレスが増えれば増えるほど腸のぜん動運動は活発さを失なってしまうのです。

なお、ストレスによるぜん動運動の低下は女性だけでなく男性も同じように起こります。

コロコロうんちの改善法は?

では、コロコロうんちを改善して柔らかなうんちにするにはどうすればいいのでしょうか?

まずはストレス解消が第一です。

ただこれはわかっていても簡単にはできませんよね。

それが女性ホルモンのバランスによるものとなればなおさらです。

趣味や軽い運動で気分転換をしてできるだけストレスを溜めない様に心掛けましょう♪

また、コロコロうんちの状態では腸内環境がかなり悪くなっています。

よって、悪玉菌が優勢になっている腸内環境を善玉菌増やすことによって改善することが必要です。

それには、乳酸菌やビフィズス菌を多く含む食べ物を摂ることですね。

⇒効果的に善玉菌を増やす方法です♪

妊婦ママにとってコロコロうんちは大敵です。

お腹の赤ちゃんのためにも少しでも早く治したいですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする